採用情報

まずは職場見学へ来てみてください!

まずは職場見学へ来てみてください!
夢を語り合える仲間がいて、支えてくれる仲間がいて、叶えてくれる仲間がいること。
グループ2,000人の仲間が出来るのもげんき堂ならではです。
採用情報はこちら

relax/raxia

スポーツひのまるキッズ

CS接客ロールプレイングコンテスト

上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋長頭腱炎とは、肩から肘にかけて着いている上腕二頭筋(力こぶの筋肉)に負荷がかかって腱と呼ばれる骨と骨を繋ぐ部分に炎症が起こってしまう状態です。上腕二頭筋の主な働きは、肘を曲げる動作や、肩周りを安定させる役割があります。腱の部分は肩の関節に着いており、腕の骨の溝を走っている筋肉です。病態としては主にスポーツでの障害が多いです。競技特性としては、球技全般(野球やソフトボール、ボウリング、陸上競技の砲丸投げ、円盤投げなど)が挙げられます。特に多いのが野球です。広義の「野球肩」にも分類されます。投球動作を細かく分けると、コックアップ時(頭の後ろにボールを持ってくる時)と加速期(ボールを投げる直前の動き)に肩の前に負担がかかりやすく、特に加速期が上腕二頭筋長頭腱に最もストレスがかかりやすい時期になります。

腱は骨の間を走っているので、そこで衝突が起こって痛みや動きの制限がかかってしまいます。スポーツで多い症状ですが、日常生活でも症状が発生することもあります。重たいものを持ったり、料理など包丁で硬いものを切っている時に力を入れすぎて痛みが出ることもあります。

上腕二頭筋長頭腱炎の主な原因としては

  • 競技においてのオーバーユース(使い過ぎ)
  • 肩関節の不安定性
  • 肩の前への日常的な負荷
  • 巻き肩
などがあげられます。

ページトップ

げんき堂 健康をサポートする整骨院・鍼灸・指圧マッサージ院ネットワーク