採用情報

まずは職場見学へ来てみてください!

まずは職場見学へ来てみてください!
夢を語り合える仲間がいて、支えてくれる仲間がいて、叶えてくれる仲間がいること。
グループ2,000人の仲間が出来るのもげんき堂ならではです。
採用情報はこちら

relax/raxia

スポーツひのまるキッズ

CS接客ロールプレイングコンテスト

動揺性肩関節

動揺性肩関節(ルーズショルダー)は一般的に「不安定なゆるい肩」と認知されています。発症に明らかな外傷が関わっていない為、病態の異なるゆるい肩が多く混在しています。

今回ご紹介させていただいている動揺性肩関節は外傷(スポーツや日常生活の中での怪我)が原因での発症ではない為、非外傷性関節不安定症と言われる分類になります。非外傷性関節不安定症には今回の症状と別に習慣性肩関節脱臼、随意性肩関節脱臼などがあります。

外傷が原因での発症では外傷性肩関節脱臼という分類となります。これには反復性肩関節脱臼、腱板疎部損傷があります。

症状はスポーツ時の疼痛増強、だるさ、肩甲骨周辺の鈍痛、肩から腕のしびれ、不安定感などがあります。

判断基準としてはサルカスサイン(腕を下方に引き下げた際に肩関節に凹みが出来る)、肩関節前後、下方の不安定性、可動域の拡大等があります。

動揺性肩関節が起こる原因というのは明確には無い場合も多く、生まれつき靭帯が緩い人に多く起こる為、遺伝性もあると言われています。また思春期に多く発症します。

日常生活に大きな支障が無ければ自然治癒を待つケースが多いですが、野球やバレーボールなど肩をたくさん使うスポーツを行っている方の多くは動かした際の疼痛や、肩が抜けそうな不安定感を訴えます。

先述したように、日常生活に支障が無ければ自然治癒を待つこともあります。スポーツ時の痛みが気になったり、日常生活に支障が出る場合は治療対象となります。

顎関節症の原因とは

動揺性肩関節症が起こる原因としては下記の通り

  • 生まれつき靭帯が緩い
  • バレーボールや野球など肩をよく使うスポーツをしている
  • 肩のインナーマッスルの機能低下
が挙げられます。

げんき堂整骨院グループでの動揺性肩関節に対する施術

動揺性肩関節の治療として、まずは肩関節周囲のインナーマッスルが上手く使えていない事が原因となっている可能性が高いと考えられます。肩関節周囲のインナーマッスルを使えるようにする為の治療としては、当院が行っている「インナートレーニング」が適しています。

当院でのインナートレーニングは特殊なEMS器具を用いて行うトレーニングで、通常の運動では鍛えづらいインナーマッスルを効率よく鍛える事が可能です。そして当院では解剖学、運動学に基づいて、患者様それぞれの症状に合わせて運動指導も行っております。そうすることで肩関節機能の正常化を図り、動揺性の軽減やスポーツパフォーマンスの向上が期待できます。

ページトップ

げんき堂 健康をサポートする整骨院・鍼灸・指圧マッサージ院ネットワーク